FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキル番外編7

今年は那須に行ってきました。
毎年恒例のハイキングです。

まずはロープウェイで山麓駅から山頂駅へ。
山麓駅といっても、車で結構登ってきています。




そして山頂駅から茶臼岳山頂まで、往復約1時間30分程のコースです。
本当は、峠の茶屋から峰の茶屋~茶臼岳~山頂駅~山麓駅というコースを考えていたのですが、
全くのリサーチ不足で峠の茶屋からはまだ雪が深く通行できませんでした。

なので、山麓駅~山頂駅~茶臼岳~山頂駅~山麓駅という往復コースに急遽変更…
まだシーズンじゃないこともあってほとんど人もいなかった。


奥に見えるのが山頂駅。少しだけ雪の上を歩く


しかしその後はこのような石や岩がゴロゴロした道


ボルダリングをしてみる



岩から湯気が出てた(わかりづらっ・・・)




やっと茶臼岳山頂へ
標高1915mだそうです


この後、また山頂駅に戻りロープウェイで下山。
その後はお約束の温泉ホテルに。今回は那須塩原温泉。ぐっすり眠る。

次の日、那須ハイランドパーク隣にあるNOZARUへ。
NOZARUとは昨年行ったフォレストアドベンチャーのようなもの。
森の中にあるアスレチックです。
若干命綱のシステムが違っていたり、ヘルメットを被らないといけなかったり。




アスレチック自体の難易度はフォレストアドベンチャーより少し上か?

順番通りに行けば最後になるNo.7のラスト、バンジーっぽいのがある。
10m程の高さだか意外と怖い。
やってみると楽しいのだか、踏み出すのをためらう…

所要3時間なんだけど、安全装備の着用やら説明やらで実質2時間ちょっとしかできなかった。
結局No1~No7まであるコースを全てやることはできなかった。
No2とNo6ができなかったかな?
途中、前の子供がアクシデントがあったらしく係員が助けに来るまで
しばらく後ろが動けない状態もあった。
これは仕方ないけど、時間が足りなくて全部できなかったのは悔いが残った。
あと、ヘルメットも煩わしかった。ワイヤーとかにもカツンカツン当たるし・・・
フォレストアドベンチャーでは必要なかったのでヘルメットはやめてほしい。
安全の為なのはわかるが…
不満があったので値段の割には楽しめなかったと言えるかも。


乙女の滝
NOZARUの後に比較的近くにある「乙女の滝」に行った。
滝の規模としてはそれほど大きくないが、滝壺まで行けるのでなかなかのスポット。



滝の看板と休憩できる椅子がある。


看板のある場所から見える滝


階段を下っていくと滝壺に行ける。




階段を下りてくとそこはすぐ滝と川。



近づいてマイナスイオンをしっかり浴びる^^

駐車場もあって、滝はすぐ近くだし、
サイズ的に手ごろな滝で滝行もできそう。(しないけど・・・)
穴場の滝でした!
スポンサーサイト

バク宙練習

今回は前宙に続いて宙返り系のバク宙
こちらはバク転同様、形になるのが早かった。
宙返り系と転回系の身体的要素の割合は前述したが、
前方系と後方系の習得の速さは恐怖心があるかないかが大きい。
基本的には後方系の方が難度が低い。
ただし恐怖心が無ければの話。
バク転が一日で出来る人もいれば何日かけても出来ない人もいる。
それは身体能力よりも恐怖心が邪魔している場合が多いと考える。

恐怖心が少ない人はすぐにとりあえず形にはなる。
その後、繰り返し練習をして見栄えを良くしていく。
これが後方系のリズムだと思う。
というわけでバク宙の練習もしている。






ちなみに今回のアクロバットに関する考察はあくまでも個人の意見です。。

前宙練習

先日の世界体操のゆかで白井健三選手、村上茉愛選手が金メダル‼
おめでとうございます!

日本人選手は着地までが素晴らしいですね。
外国人選手はダイナミックな演技でしたが、やはり着地がまとまらなかったのが目立った。
本当に繊細で人間業とは思えません\(^o^)/

というわけで(?)サンセットジムでもアクロバットの練習をしています。
今回は宙返り系の紹介。
まずはなかなか苦戦した前宙

アクロバットをやるうえでの必要な筋力と技術力、柔軟性などの割合は
技ごとに微妙に変わってくると思うんです。
宙返り系は、より筋力(脚力)が、
転回系は、より技術力、柔軟性の比重が大きいかと。
もちろん、どちらかでも突出していれば出来てしまうのでしょうが…



始めはしゃがんだ状態で着地するのがやっとでした。
空中でいつ身体を開いたらいいのかよく分からないのが原因です。
ジャンプ力も不足しています。
高さがなく余裕がないので開くことを意識しすぎて、
早く開くと背中から落ちてしまうことに…( ノД`)




そこでトランポリンの登場です。
トランポリンで高さを出すことによって空中感覚を身に着けました。
トランポリンは本格的なものではなく、家庭でできる小さなやつ
ミニトランポリンは色んな種類がありますね。




そうしているうちにだんだん開きの感覚を覚えていき、
膝も90度に近い形で着地することができるようになっていきました。




プライオメトリックトレーニングによってジャンプ力が付いてきたように思います。
次回はバク宙練習。

スキル番外編6(2)

続いて「飛竜の滝」を見に行った。
神奈川最大級らしいので期待していったのだが…


出発。結構険しい道のりです。

まだ着かないよ~

やっと到着。疲れ切ってます○| ̄|_。確かに県下では最大級と書いてある。


飛竜の滝!

まず、思っていたよりもかなりの山道で急坂。ほかの人とは全く遭遇しなかった。
40分くらい登るとやっと到着。
実際の滝は想像していた迫力とは違っていた(T_T)
このところ雨が少なかったせいもあるのかもしれない。
ちょっと疲れだけ残った感じ。

さらにこの後は帰り際にトランポリンをやりに行きました。
目的としては前宙、バク宙などの空中感覚を養うこと。
そのためにはトランポリンは効果絶大です!




トランポリンは一時間ほどやったがかなりの汗をかいた。
飛んでるだけなのに運動量が凄い。
近くにトランポリンができる場所があるなら、とにかくおすすめです。

一日でアスレチック、ハイキング、トランポリンとハードスケジュール。
さすがに疲れたが、筋肉痛になったのは奥様だけでした^^(運動不足!)

スキル番外編6(1)

今回のスキル番外編は箱根温泉に泊まり、フォレストアドベンチャー箱根での活動。
しかし大して疲れなかったため、その後「飛竜の滝」という滝を観にハイキング。
更に帰り際にフリートランポリン(時間制で自由にトランポリンを使える)をやった。
さすがに体力使った。



フォレストアドベンチャー箱根とは
簡単に言えば森の中にあるアスレチック。
木の上に登って、高い位置で木から木に移動していく。
命綱があるので、基本的には安全。
最初は高さと命綱がイマイチ信頼できない怖さはあったが、慣れてしまえば大したことは無い。
今まで知らなかったのだが、調べてみるとフォレストアドベンチャーは全国に何か所もある!

河口湖温泉辺りに泊まり、フォレストアドベンチャーフジか、
箱根温泉に泊まりフォレストアドベンチャー箱根か迷ったが、
結局箱根は行ったことがなかったので箱根温泉にした。
口コミを見ると箱根のスタッフの態度が良くないとあったので少し心配だったが、
とりあえず行くことにした。
実際にはそれほどスタッフと関わることは無かったが、
最初のスタッフの説明の時に少し覚えるのに時間がかかったので若干うんざりした様子はあった。
うーん、一日に何度も同じ説明をするから覚えの悪い客にはイラっとするのか?
あと、カラビナの調子がいまいちだったので取り換えてもらいたかったのだが、
身体に装着後で付け替えるのがめんどくさかったのか、
「ちゃんと確認して付けてもらえば大丈夫ですよ」的な感じで替えてもらえなかった。
命綱なんだからそこが一番大事なんじゃないの??と不信感。




スタートしてすぐのターザンロープで向こうの網に飛び移るのが、意外と怖かった。
始めであまり命綱を信用してなかったので・・・
ターザンロープは2か所あるけど、後半の方も高さがあったので少し躊躇(´・Д・)」

ジップスライドも何個かあるけど、こちらは楽しめた。
あと、ベルバートブリッジってのが、100人に1人の難易度、
とかって何かに書いてあったけど、全く難しくない(・Д・)ノ
っていうか、難しかったのは無いです!ただ高さが怖いだけ。(若干高いとこは苦手)




自分たちの前が若い女性の集団で結構ゆっくりめ・・・^^;
前の人が進まないと行けないのでスムーズさは欠いたが、まあのんびりやった。
しかし、後ろのカップル(特に女性)が遅いことにイラついて文句言ってた。
トランキーロだぜ、カブロン!


この後は「飛竜の滝」へ
続きは(2)で

プロフィール

ゆうひ

Author:ゆうひ
トレーニングルームで汗を流したいと思います。
ダイエットやストレス解消、護身等を目的としたフィットネスクラスも開設しました。
サンセットジム

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。